composer 作曲家

批評



「この世のものとも思われぬ本作のサウンドスケープは同時にまた蠱惑的でもあり、まことに印象的であった 伝統的に能は、語り得ないほどの深い情感に支えられながら、単なる悲哀を超えた何事かを語ろうとするものである。仏教は苦しみを超越した状態、すなわち完全なる平安と清澄な静けさ涅槃を目指すものである。音楽と典雅にして簡素な視覚的効果を通じてゼミソンはそういった形而上学的なものを語ろうとしている。」
ーダフナ
レヴィット、『オペラカナダ』2015年春号


「緻密に作りこまれたダリルの作品[絃楽器四重曲の「埋木」]が面白かった。」
ー白石美雪、『オン•ステージ新聞』、2014年9月26日


「「それと言明することなくあるスタイルを仄めかす」という本作に聞かれるかくも繊細なる作曲の妙技。「Snow Meditation」は短い。しかし驚くべき作品である。」
ーティム•ラザフォード=ジョンソン、
New Music Box


「…(フーガ(シ)は)ゼミソンの作品に特徴的な、もはや神秘主義的といってよい暗示や仄めかし。儚く、ほとんど在り得ないようなもの通して命が吹き込まれる感覚。」
ーティム•ラザフォード=ジョンソン、The Rambler